2012/06/02

matsu-mountain club@石老山 takutos編

さてさて、記憶のあるうちに。
行って参りましたぜ石老山!

今回初の兄弟二人山、てことで。
当初は八ヶ岳に行く、なんてことも話していたんですが、
とんだ勘違い野郎共でした、はい。
まあその件に関しましては追々。


石老山。
相模湖駅からバスですぐの低山なのですが、
いやー、緑が豊かで岩もゴロゴロ。
凄く良かったです。
天気にも恵まれまして、かなりゆっくり岩を楽しみながらの登山。

まずはどん。
なんて名前か忘れましたが、この大きさ、伝わりますでしょうか?
さらにこれ以上の大きさの岩がドカドカ落ちてるわけですね。
前日の雨のおかげか、岩も地面もしっとり。
苔も何もかも光り輝いてましたよ!!


まあそんなわけで興奮しながら途中の神社を通過し、
あっという間に頂上。
頂上では山に慣れたお年寄り達が、花見も真っ青な大宴会。
焼きたてのガーリックトーストを横目に、僕らはだらだらとラーメンコーヒーを楽しみました。
そんなガーリックトーストに心を乱されたのか、悲劇はこの直後に起こったのです…。

意気揚々と山道を駆け下りて行くヤスヒロ。
二人で地図を確認し、目指すは下山後のビール!という感じで、
道の細さにも目もくれず、スタートを切ったまでは良かったのですが。


何とビックリ平城京。
頂上からの一番最初の誰も間違えないであろう分岐で、まさかの逆走。
やたら細く険しい急斜面の上り下りを繰り返し、
オカシイと思いながらも、
「相模湖が右に見えてるから大丈夫だ。」という自分の馬鹿発言を疑うこと無く、
気付けば行き止まり。(いや、無駄に自信あったんですよ。すいませんでした。)
そこで休んでいたおじいちゃん達に色々と教えられ、軽く怒られ、
その優しさに涙しながら、いそいそと引き返すことになったのでした。

いやー、山はコワイ。
というかうちらの方向感覚のNASA、ほんとコワイ。
八ヶ岳行かなくて良かった。
まあいつかは行くけどね。

その後はまあ頂上からのリスタートで、
気合いも入り、無事に展望台経由で下山成功。







まあ色々あってこその山。
こうやって日々、進化の糸口をつかんでいくのでありましょう。
下山後は予定通りビール。
でもほんと、山は楽しいですわ。
次は泊まりでどっか行きたい、夏になっちゃうかもですが。
それまでには地図をある程度読めるくらいにはなって、
個人の能力を上げておかねばな!と。


てなわけで、ハカセの一泊鍋割企画、行く人は楽しんできて下さい!
レポ期待してまーす。
鍋焼き食いたいなあー。

0 件のコメント:

コメントを投稿