2012/04/25

松嶋コーヒーとゴールデンボーイ


三月の一日喫茶イベントを終えて、
もう一ヶ月以上経つのに、未だに気持ちがそこから離れていないことを諌める思いも込めて。
今更感満載のレポートをお届けします。


三月中旬から終わりにかけての流れは、自分にとってまさに激流でした。
トントン拍子に事が決まり、人が集まってくれて、
何が何だか分からないままイベントが始まり終わり(まさに瞬間)、
そしていつのまにか、ゴールデンボーイからジュンさんとヨーコさんが去って行く、という。

様々な思いが今は駆け巡るけど、その時期は毎日全てが最高と思えるような、
完全にハレの時間に居て、細かいところはあまり覚えていないようです。
特に、ゴールデンボーイ最後の夜、ジュンさん秘蔵のレゲエレコードに乗っかって、
踊り狂った時間は、今のところ間違いなく今年ナンバーワンの愉快痛快さ。
ああ!まさに夢!物語。


気を取り直して、
思えば自分主体のイベントとは、実は初めて(謎のトークショウ除く)であり、
任せて下さった皆様、来て下さった皆様、本当に感謝の気持ちが止みません。
時間差ですが、どうもありがとうございます。


実は、言う事は感謝の気持ちしか、今はありません。
他に何かあったような気もするのだけど。
様々な思いが今は駆け巡るけど、とか先に書いちゃったけど。


で、いきなり近況ですが、ようやく手回しの焙煎機を購入しまして、
喜び勇んで焼きまくったら全て黒焦げになり、
悪戦苦闘の毎日です。
これで美味しい豆を焼けるようになるまで、一先ず色々とお休みなのですが、
同時進行で豆販売のサイトも立ち上げ中ですので、
今しばらくご歓談下さい。
この同時進行って奴が大の苦手でして、結局一つずつしか進まないのですよね。
今しばらくご歓談下さい。


舜聖も触れていた「yarn」について。
僕ら二人の中から生まれた、という意味ではこれが初めての言葉です。
この言葉を見付けてから、色々なことが回り始めました。
言葉というものは、とても強い、というのが僕らの共通認識でもあったので、
選ぶのにはもっと時間がかかるかと思っていたのですが、
思いの外すんなり、というか突然見付かり、そこから先はあれよあれよと。
言葉の持つイメージが、僕らのやりたい事にぴたりとはまり、
言葉に助けられるとはこういうことか、という事を実感しながら、
それに突き動かされて何とかやれたのだと思います。
ま、季刊誌yarnについては、また追々。


最後に、ゴールデンボーイを作って下さった、ジュンさんヨーコさん、
本当にありがとうございました。
イベント当日、
あれだけの人が楽しそうに喋り、写真を見て、コーヒーを飲んで、唄を唄う、その様子を、
カウンターの中からコーヒーを淹れる者の立場として体験出来た事、
本当に誇りに思います。
お二人の持つ素敵な空気感無くしては、存在し得なかったものだと確信しています。
で、これからも宜しく御願いします。


未だ気候定まらぬ、体バキバキの毎日ですが、
皆様の元に早いとこ、コーヒー豆を届けられるように頑張ります。
次回はそのお知らせになりますように。
それではまたお会いしましょう、おやすみなさーい。

0 件のコメント:

コメントを投稿