2011/08/01

道具を選ぶこと

珈琲をいれるようになって、山に登るようにもなって、

「道具」について考える事が多くなってきた。


使い勝手の良さ、見た目、効率、

使う理由は様々あるけれど、

何に優先順位を置くかは、使う人が決めれば良いと思う。


自分にとっては何だろう?

まず見た目のカッコ良さ、はかなり重要である。

いくら便利なものでも、手に取る気がしなかったら、あまり良い道具とは思えない。

(「良い道具は、まあ、カッコ良いだろ。」という謎の確信も自分の中にあったりもする。)


珈琲のための道具については、

「使いこなすもの」という認識が強まってきた。


誰にとっても使い易かったり、便利だ、というものも良いけれど、

まず、

自分の気に入った、コレ使いたい、と思える道具を見付ける。

で、付き合っていく中で、

お互いにとっての最良のポイントに辿り着いたり、着かなかったり。

時に、道具に自分を合わせたり。


そうやって、一つ一つ、集めていけば良いかな、と今は思っています。




0 件のコメント:

コメントを投稿