2011/06/07

大菩薩嶺




去年の富士山に続き、ちゃんとした登山は2回目。
今回は完全に足を引っ張った・・・一緒に行った皆さん心配&迷惑掛けてごめんなさい。
心配してくれてありがとう。脚は今日でだいぶ良くなりました。

迷惑掛けちゃったけど、とてもとても幸せな日間を過ごせた。

1日目の山小屋についてからの時間は、
コーヒーでまったり、トークで爆笑、ハーモニカに浸り、
最後はハイボール飲みながら静かな時間を過ごす。
山のカレーは何であんなにうまいんだ???
夕焼けの景色も素晴らしかった。

2日目はどうしても日の出が見たかったので、みんなを置いて、最初は独りでご来光を見た。
穏やかな時間。富士山と太陽を交互に見る幸せ。気が付いたら泣いてた。
写真は必要最低限にして、景色を目に焼き付ける。

朝ごはんもがっつり食らう。うまい。何でもうまい。

この日は山小屋の主人も「この時期めったにないくらいいい見晴らし」と言うくらいの天気。
朝から大菩薩嶺山頂までずっと素晴らしい景色が続く。
青い空と山の稜線。とても清々しい。
下りに入って脚に激痛が走るも、木漏れ日や合間に見える景色など、
ちゃっかり楽しみながら何とか下山。

最後は温泉&蕎麦を食べて帰路に。

とても沢山笑って、とても沢山癒されて、心の芯から山を満喫できたと思う。
やっぱり自然って好きだ。改めて実感した。

そして、一緒に行ったメンバーに感謝。
本当にバラバラな人達なのに、妙にいいバランス。
楽しかったと思えるのは、皆さんのおかげです。ありがとう。

次回の松・山倶楽部 登山編までにはもう少し痩せます。
なので、連れてってね。

一枚目の写真は夕暮れの雲
二枚目の写真は絵みたいだけど携帯の写メで撮った明け方の富士。僕に見られて頬染めてます。



SHUNSEI

改めて、皆様おつかれさまでした。
奇跡的な晴れ男がいたおかげで、本当に良かった!

今回はかなりのんびりな行程でした。
当初の目的「とりあえず倶楽部で山行って、タクトの珈琲を飲む」
は120%達成出来たので良かったです。
しかも、大島さんが持ってきたパン(50ℓのザックの2/3がパンでした)
と頂上でのランチは最高でした。
各々自由に過ごす事も出来て、「松・山倶楽部」的のんびり爆笑ほっこり山歩きが実践出来たと思います。


ゆくゆくは、各自がテント泊余裕で一人で行ける位になってくればいいな〜と思ってます。
山で合流したり、山で解散したり、そん位自由な倶楽部活動をしていければなと思います。

はかせ!「連れてって」はもうお終い〜。
愛しき人が出来た事ですから、今度ははかせが山へ連れ出す番ですよ。

あのバンダナ巻いてサングラスかけた姿は、立派なベテランさんですから!
(※ストック忘れずに!)

2 件のコメント:

  1. うん。少しずつ自分でもちゃんと山に登れるようにはなりたい。

    日帰り程度ならある程度行ける気はするんだけど、まだ泊まりありには経験が足りないかなぁと・・・。
    同行するにしても、連れて行ってもらうんじゃなくて、一緒に行くという意識を持つようにします!

    大菩薩から帰ってきた直後にアド街で御岳山やってて行ってみたいなぁと思ったりしたし、丹沢の大山とかにチャレンジしたいなと考えてるよ~。
    少しずつステップアップして行きたいので、登るお山のアドバイスよろしくです!

    返信削除
  2. 一歩ずつ、どん欲に!

    返信削除